【すまいValue(すまいバリュー)の特徴】査定の流れ・メリット・デメリットまで徹底解剖

2018/04/03 投稿 2019/06/18更新

すまいValue ロゴ

今回は、数ある不動産一括査定サイトの中から、売却は大手不動産会社に任せたい、大手の査定を比較したい人におススメの『すまいValue』をご紹介します。
よろしくお願いします!

 

『すまいValue(すまいバリュー)』とは?

利用者数 年間成約件数1万件(2017年度、6社合計)
対応地域 全国(一部地域を除く)
対応不動産
  • 分譲マンション
  • 一戸建て
  • 土地
  • アパート一棟
  • ビル一棟
  • その他
提携不動産会社数 6社
運用歴 2016年スタート
運営会社 小田急不動産株式会社|1964年 設立
住友不動産販売株式会社|1975年 設立
東急リバブル株式会社|1972年 設立
野村不動産アーバンネット株式会社|2000年 設立
三井不動産リアルティ株式会社|1969年 設立
三菱地所ハウスネット株式会社|1984年 設立

(50音順)

『すまいValue』は2016年にスタートした、大手不動産会社6社によって運営される一括査定サイトです。

査定が依頼できる不動産会社6社は、どれも超のつく大手企業です。

すまい value 不動産会社一覧

すまい value 不動産会社一覧

ちなみに、2017年度の不動産仲介数ランキングでは、

1位:三井不動産リアルティ株式会社
2位:住友不動産販売株式会社
3位:東急リバブル
4位:野村不動産アーバンネット株式会社
9位:三菱地所リアルエステートサービス
20位:小田急不動産株式会社
と、それぞれ上位にランクインしています。(公益財団法人不動産流通推進センター|2017不動産業統計集より)

上位ランカーばかりで始めた一括査定サイトってこと?すごいな…!

 

『すまいValue』の強みとは?

『すまいValue』の強みは、なんといっても不動産業界最大手の査定を。一括で依頼できるところにあります。

その他のサイトとは提携していない不動産会社も含まれているので、使わない手はないと言っていいでしょう。

やはり、大手ばかりが集まっているだけあって、依頼先の売却力には期待が持てますね。
さっきのランキングの話を聞くと、安心感が全然違うよ…!

また、全国展開している大手不動産会社(特に、三井不動産グループは280店舗、住友不動産グループは260店舗)があるので、一括見積で困ったときにはすぐに相談できるというのも嬉しいです。

小田急不動産株式会社 小田急線沿いに強い
ワンルームの売却が得意
住友不動産販売株式会社 売却に関する諸問題のサポート体制充実
広告を豊富に使ってくれる
東急リバブル株式会社 東急電鉄沿線に強い
買取保証制度を初めて導入
野村不動産アーバンネット株式会社 住み替えや買い替えが得意
収益物件の仲介に強い
三井不動産リアルティ株式会社 営業員はすべて宅建資格保持者
店舗数全国1位
三菱地所ハウスネット株式会社 マンション売却が得意
デベロッパーとして事業展開が広い
上記はそれぞれの不動産会社の特徴をまとめた表です。
それぞれに得意分野があって、6社とはいえ自分に合う不動産会社が見つかりそうだね!

『すまいValue』を使った不動産一括査定の流れ

『すまいValue』では60秒の短時間で、カンタンに査定を依頼することができます。

すまい value 査定の第一歩

すまい value 査定の第一歩

まずはトップページから、物件種別、都道府県、市区群町村、町名を選択して査定をスタートしてください。

すまい value 査定画面-1-1

すまい value 査定画面

すると、画面が次の査定画面に移ります。

ここでは、物件所在地、専有面積、築年数、間取り、物件の状態、物件の所有者について、ご要望・その他連絡事項、査定方法、お名前、年齢、メールアドレス、電話番号、現住所を一気に選択・入力していきます。

すると、6社の中からあなたの売りたい不動産にあった不動産会社が複数社選ばれ、査定を依頼する形になります。

画面が何度も切り替わったりしないからわかりやすいね。
利用者のことを考えたGOOD!な仕様ですね!

『すまいValue』のメリット・デメリット

これだけたくさんの不動産一括査定サイトがあるんだから、『すまいValue』だっていいところばかりじゃないんだろ?
たしかに。『すまいValue』を利用するにあたって、メリットはとても多いですが、気をつけなければいけないこともあります。

メリット

『すまいValue』の最大のメリットは、不動産業界最大大手の「三井不動産リアルティ株式会社」が一括査定に含まれていることにあります。

三井不動産グループは、取扱高、仲介件数、手数料収入、店舗数の全てにおいて日本一の不動産会社です。

なので、大量の顧客データを持っており、売り出した物件にピッタリの買い手を、すぐに見つけてきてくれる可能性が高いです。

もちろん、その他の不動産会社の実力も申し分なく、この6社の査定を比較できるというのは、かなり贅沢な不動産一括査定と言えるのではないでしょうか。

大手不動産会社が直接運営しているだけあって、契約時や売却後のフォローも充実しています。フリーダイヤルでの電話応対も行っており、名実ともに安心して利用できる一括査定サービスです。
ナンバーワンの業者も一緒に査定できる唯一のサイトだもんな。でも、地元に密着した不動産会社と一緒に比べることができないのはネックだな…。

デメリット

『すまいValue』は、大手不動産会社6社のみにしか査定を依頼できないので、地場中小不動産会社には査定をしてもらえません。

また、田舎のエリアには店舗がない場合もあるので、対応していない可能性があります。

そして、大手不動産会社は、たしかにすぐに売却に結び付くケースも多いですが、場合によっては売り出し価格よりもかなり安い値段で売却をしなければならないこともあります。

大手の不動産会社はそのほとんどが両手仲介を行っています。両手仲介とは、売り手と買い手を同じ不動産会社が仲介する方法で、不動産会社には両方から不動産仲介手数料が支払われます。
それって何が問題なの?
通常、売る側は高く売りたいですし、買う側は安く買いたいですよね。その両方を叶えることはできないために、どうしてもどちらか一方に肩入れしてしまうことが多くなります。
そうなると、売る側の方が不利になるってことか!?
その可能性は高いですね。自分で売り手を見つけたいために、よその不動産会社に情報を伝えなかったり、わざと高い値段をつけて買い手がつかないようにしたりすることもあり得ます。
しっかり、不動産会社=担当者を見極めるための知識も必要ってことだな。
GOOD!その通りです。『すまいValue』は他のサイトに比べても、知識を得られるコンテンツが少ないので、事前にしっかり知識武装して挑みましょう。

『すまいValue』を運営している不動産会社はほとんどの場合両手仲介を行っています。

納得のいく売却を目指すのなら、『すまいValue』と同時に、地場中小不動産会社も参加している不動産一括査定サイトを、同時に利用することをおすすめします。

売却は大手不動産会社に任せたい、大手の査定を比較したいなら『すまいValue』

ここまで『すまいValue』についてお話してきましたけど、『すまいValue』がどんな一括査定サイトかつかめましたか?
ありがとう!つまり『すまいValue』は、不動産業界ナンバーワンを含めた最大手の査定価格を比較できる。だから、売却は大手不動産会社に任せたい、大手の査定価格を比較したい人におすすめってことだろ?
GOOD!その通りです!

 

なにはともあれ、大手企業の査定価格も気になりますよね。

そんなアナタは、『すまいValue』で一括査定をするとことをおススメします。